個人のお客様へ

よく、『ウチは盗られる物がないから大丈夫』という方がいらっしゃいます。

たぶん『盗られるもの』=現金や貴金属だと思われているのでしょうが、特に外国から不法に入国して来た窃盗団にとっては、日本の家電は高く売れますし、通帳やカード、保険証書などは容易に現金化できます。

1.玄関・勝手口からの侵入手口

玄関・勝手口からの侵入手口
【ピッキング】
⇒防犯性の高いシリンダー交換。補助錠の取付け。
【ドア・扉のこじ開け】
⇒防犯プレートの取り付け。補助錠の取り付け。
【サムターンまわし】
⇒ドアスコープ、ドアの補強。防犯サムターンへの交換。
【ドアポスト】
⇒ドアポストやドア横のポストを閉鎖。

personal1

2.窓(ガラス)からの侵入手口・・・

特に浴室、子供部屋は要注意。
浴室・子供部屋は戸締りが甘い事が多い。
在・不在が判りやすいので狙われやすい。
※ 特に浴室窓は、在・不在が外からはっきり判る事と建物の裏などにあることが多く、写真のように格子が付いていても簡単に破られますので対策が必要です。
【ガラス破り】(三角割り、突き破り、焼き破り)
⇒防犯ガラス・フィルムなど
【ゆすり開け】(クレセント外し)
⇒窓用補助錠の取り付け。
【ルーバー窓・ガラス外し】
⇒窓用面格子・内格子の取り付け。
外部から、子供部屋・老人の居室だと推察されないようにする。
カーテン、ぬいぐるみ、などに注意。 (一般に施錠が甘いと言われている。)

個人のお客様へ

3.ベランダ(階上)からの侵入手口

中央の鉄管パイプを使って容易にベランダに侵入可能です。
しかも、一旦ベランダに侵入できれば外部からは見えない構造になっているため、ゆっくりとガラスを割って室内に侵入でき、とても危険です。
また、建物によっては、屋上や外階段からベランダに侵入できることもありますので、一度建物の外からご自分の部屋がどのように見えるか、確認されることをお奨めします。
【足場になる物対策】
・・・ 建物近くの雨どい、電柱、自販機、物置、エアコンの室外機。
自転車・はしご・脚立などはドロボウの足場にされます。
対策⇒
脚立を鎖などで固定する。雨どいに、雨どいガードを取り付ける。
電柱の足掛かりを外してもらう。その他動かせるものは移動させる。

個人のお客様へ

4.外から建物(特に玄関や窓などの開口部)の見通しをよくする

生垣を刈り込む。
・・・外からある程度見えていたほうが侵入者は嫌がります。
【照明】を設置する。
室外
⇒防犯ライト。明暗センサーで自動点灯。
室内
⇒タイマーで自動点灯。

個人のお客様へ

5.その他

表札・・・住所、家族のフルネームを記入しない。
ポストの施錠 ・・・郵便物は重要な個人情報。
在・不在を判りにくくする。・・・昼間の雨戸。留守電のメッセージ内容に注意。
テレビ・ドアホン・・・訪問者の確認。 ・ 玄関前など敷地内の整理・整頓。
防犯カメラ・・・設置するだけで大きな安心が生まれます。個人住宅用にお安く設置できるようになりました。
※お試し用に、レンタルもあります。
セキュリティーシステム・・・敷地内への侵入・火災を機械監視します。
敷地・建物全体の監視から、窓1枚、ドア1ヵ所の監視タイプまで、各種ご案内します。
警備会社のご案内もしております。